元気になった子どもたち


 

ミネラル補給で、困っていた症状に改善がみられたお子さんの姿を

拙著『食べなきゃ、危険!』『食事でかかる新型栄養失調』(三五館)で紹介、

月刊『食品と暮らしの安全』で連載しています。

【子ども40 例- -アスペルガー症候群4名、アスペルガーの疑い2名、広汎性発達障害4名、言葉の遅れ1名、低体温7名、アトピー性皮膚炎1名、触覚過敏1名、睡眠障害3名、不登校3名、ダウン症1名、吃音2名、自閉症スペクトラム2名。大人37例ーうつ症状、睡眠障害、冷え性、蓄膿症、バセドー病、睡眠時無呼吸症候群、増毛など】

 

うれしい体験談は、「食べなきゃ、危険!」「食事でかかる新型栄養失調」(三五館)

月刊「食品と暮らしの安全」にて掲載しています。(掲載号と症例リストはこちら→掲載リスト)

 

こちらのページでは、これまで寄せられた子どもたちのうれしい体験談を数人ずつ紹介しています。 

 

 

 

■事例1

登校拒否から元気に学校へ・・・  アスペルガー症候群・美鈴ちゃん

 


「学校に行きたくない」毎朝泣いて嫌がっていた美鈴ちゃん(当時小学3年生)

ミネラル補給と、お母さんと一緒にお風呂に入り、スキンシップをしっかりとることを始めて半年後…

生まれ変わったように元気に登校できるようになりました。

 


■事例2

笑顔と言葉が増えて・・・            自閉症・快太くん

 


「自閉症スペクトラム」と診断された快太くん(2013年当時2歳10ヶ月)

ミネラルの補給を始めてまもなく、呼びかけに答えるようになったり、

目が合うようににあったりとうれしい変化が続き

お母さんから喜びのお便りが届きました。


■事例3

表情が変化、吃音にも改善のきざし・・・       吃音・大ちゃん

 


3歳9ヶ月から吃音が出始めた大ちゃんを心配していたお母さん、講演会で「吃音が治った」と聞いて、さっそくミネラル補給を開始。

ミネラル補給開始から5週目に「おかあさん」とはっきりと呼びかけただい大ちゃん。

笑顔が増え、吃音も良くなってきています。

 


「子どもの心と健康を守る会」では、症状別に個人対応の食生活相談をおこなっております。

 

症状別に細かくご相談にのれることから、確実に早く改善に向かうことができます。

 

どうぞお気軽にご相談ください。