会を支えてくださっているみなさま


特別顧問   昌子武司先生

 

  ー長年の臨床実績に基づいた臨床心理、子ども情緒の安定など多岐にわたってのご指導をいただいて

  います。

  母親との愛着関係と自律神経のバランスを安定させていく『お風呂療法』を考案、当会でも食の取り

  組みと同時に実践を勧めています。

 

(プロフィール)

  元大妻女子大学教授。

  1925年島根県生まれ。

  早稲田大学文学部心理学科、大学院修士課程卒業。

  アイオワ州立大学付属小児精神医学センター、東京都立教育研究所相談室、国立特殊教育総合研究所、大妻

  女子大学児童学科教授兼臨床センター教授、エルベ臨床心理研修センター所長を経て、現在M,S.K臨床心理

  研究センター所長。

  家庭教育に関するテレビ、ラジオのレギュラーとして長年出演。

  著書に『自閉症と情緒」『自閉症の言語獲得」『情緒障害」『親子関係と情緒』『学習障害』

『育児は育自ー  マザーゼミの実践より』など多数。 

 

  

昌子先生のお風呂療法関連記事はこちら

    ↓

◆アドバイザーの方々 のプロフィール(50音順)

 

(医療アドバイザー)  小倉 謙氏           市民の人権擁護の会 世話役

    

    米ロサンゼルスに本部を置く、非営利の精神保健監視機関、市民の人権擁護の会日本支部世話役。

    精神医療の分野において、知られることなく繰り返される人権侵害から市民を守るため、

    全国各地で講演活動を展開。

 

 

(栄養アドバイザー)  小町みち子氏      管理栄養士

   

    愛知県出身。東京農業大学農学部卒業。精神科クリニックにて栄養療法による精神医療に従事。

    食材の選び方や食べ方が、心や性格に及ぼす影響を伝え、食卓からの心の改善に取り組んでいる。

    後藤学園武蔵野栄養専門学校講師(現在、産休中)

          著書『おまちみちこのちょっとおまちシリーズ』『うつでもいいじゃないか』美建ガイド社

 

 (普及アドバイザー)  外山茂吉氏  株式会社マルコポーロプロジェクト代表取締役 相談役

 

     宮崎県出身「世界中に埋もれた地域資源(=黄金)を発掘し、世の中に伝え広める」現代の東方見聞録

     と言える壮大な事業、マルコポーロプロジェクトを熱いエネルギーと行動力で 展開。

     広告、通販業界でも、凄腕かつユニークな経営者、事業家として知られる

 

 

(療育アドバイザー)  前島由美氏          ゆめの森こども園代表

    

     25年間の保育士勤務を経て、平成25年株式会社夢の森いずも株式会社を設立、

     翌年4月  キッズコミュニ  ケーションサポートゆめの森こども園を開園。食生活の見直しを柱に   

     した療育を熱心に実践。自然体験を大切にし子どもたちの改善に取り組んでいる。